生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 どうしても勝てそうになかったので、CPUのレベルを初級から入門に落とす、MAPを最初から公開する、文明を最弱のアステカ族に変更する、ピースタイムは90分と云う、もはや屈辱的と云えるようなハンディキャップを付けてプレイ。

モソモソ
 早速、CPUの内政をチェック。なるほど、住居を山程作るか……。

初勝利!
 激闘四時間半の末、どうにかこうにか初勝利。一応攻略パターンが見えて来たので、ちょこっとメモ。

防御編
・住居は増やせるだけ増やす。木と石なんてどうせ余るんだからケチケチしない。
・鉱山を中心に町を造り、外周に砦・要塞・防塞を造る。最低三種類の鉱物資源をキープし、多数の鉱山を均質にグレードアップするのではなく、手許の3~4個の鉱山をレベル5までupする。
・防塞や施設にはちゃんと火縄銃兵を詰める。
・指揮官に統率された歩兵部隊(規模は72乃至は120程度。補充は不要)を町の入り口毎に配置し、城壁代わりに守備命令。
・居留地に隙間を作らないのがポイント。
・内海が有ったらボートを浮かべて警備。ボートは大砲こそ撃てないが、正確な射撃で陸上の歩兵を一人ずつ消してくれる。非常に便利。

攻撃編
・攻撃はカノン砲7門を中心に行う。カノン砲には必ず守備状態の槍兵を護衛を付ける。その背後に歩兵部隊(規模は196程度。補充は200くらい)を横陣で付かせ、護衛する。
・要塞・塔・見張台をカノン砲で潰し、残りは槍兵で占領。敵領土に突入する寸前に「Pause/Break」キーでポーズし、十名程度ずつに建物を指定する。遊兵を作って路上で矢の的にしないように。
・攻撃に使用した槍兵は必ず全滅するが、気にしない。三回くらい槍兵特攻を掛ける事になるので、カノン砲・戦列歩兵196は最後まで崩さない。指揮を取っているとどうしても槍兵突撃があと一歩のところで阻止されてしまった様に見え、ついつい戦列歩兵を崩して突入させたくなるが、それは目の錯覚なので絶対に崩さない
・騎兵はイラネ。

 勝てるようになると結構楽しいです。特に粗末な装備で雲霞の如く押し寄せるインディアンどもを、歩兵横陣の一斉射撃で薙ぎ倒す快感と行ったら……うーん、良く出せたなぁ、このゲームw
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。