生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンオケ緑 2006.09.25.メディアワークス刊、電撃文庫所収。著:榊涼介/イラスト:きむらじゅんこ。

粗筋──
 幻獣の奇襲攻撃を受け、瞬時に壊滅した中国総軍。全軍が総崩れになって退却する中、山岳騎兵──生物兵器・雷電に乗る純粋な騎兵──からなる学兵部隊は踏み止まり、見捨てられた村を守って抗戦する……果たして彼らは「生ける英雄」として凱旋する事が出来るのか? 同名ゲームノベライズ。

 すっかり「剣虎兵」化しちゃったさなづら版「緑の章」とはまた一風変わった「青春ドラマ」風の切り口から攻めており、名門子弟と不良学生の対立と和解、長引く戦闘に負けそうになる弱い兵の心等など面白い演出も多いです。
 全体に、GPOのメディアミックスは、アニメ以外は相当頑張ってると思います……とゆーか、アニメの大失態を漫画や小説で必死に取り返そうとしているんだけど、矢張り最大メディアであるテレビによって貼られたレッテルは中々覆らず、圧倒的に不利な状況の中で智恵を絞って戦ってるって感じですなw<それ何て緑の章?w

 内容の方は、何時もの通りの榊節で、青春モノの要素を強くしつつも、戦争モノとしての勘所を外さない辺りは流石です。特に、アニメではただニタニタ笑っていただけの嫌味な芝村を情熱を秘めた策士と云う新しいキャラ(何とエステルの火傷に接吻するんだぞwww)に仕立て直し、物語を引っ張る役所に据えたり、更に彼の非情さだけでは話は進まず、駄目扱いのキャラの意外な活躍で活路が開ける辺りも面白かったです。
 また、榊版GPMに登場していた幻獣共生派の女医・河原が登場していながら、殆ど出番が無かったのもポイントが高いです。「もう一つの撤退戦」での共生派の無敵超人振りを見てげんなりし、こんなのGPMじゃねーと反感を持っていた小官としては嬉しい限りでした。まぁ、その代わり滝川が大活躍するけど、滝川は偉大な凡人だからいいや(ぉ

 イラストは、オフィシャルイラストレーターのきむらじゅんこを引っ張って来たものの、表紙と後書きにちょろっと書いてるだけなので、きむらファンは回避した方が良いかと。カラーイラストは全て設定集からの引用と云う手抜きっぷりだが、多数のキャラを把握しながら読むには非常に便利なので文句も言えない。ギギギ。
【総評】:難しい素材を良く料理しているとは思うんですが、矢張り一冊で完結させなければならないと云う縛りは痛いですな。お陰で、折角榊テイストの素敵な登場人物(ただのバカじゃないゲン、PTSDに潰されそうになる紫苑、「英雄」美姫、負傷を押し隠して明るく振るまい、戦う火焔etc……)が出て来ても、話が膨らむ前に終わってしまいます。残念ながら、小説としての評価は☆☆★★★です。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。