生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンパレード・オーケストラ 青の章 2006.12.25.メディアワークス刊、電撃ゲーム文庫所収。
 著:榊涼介/イラスト:きむらじゅんこ。

粗筋──
 士官学校で教官を務めていた石塚は、突如小笠原諸島・父島への赴任を命ぜられる。かつて熊本で絢爛舞踏一歩手前まで行ったエースが一体何故今更学兵の隊長となったのか? 疑問の晴れぬまま、石塚は優れた素質を秘めた隊員達を統率しつつ、父島に迫る幻獣と激闘を繰り広げる……。

 榊GPO三冊目。先行する白の章緑の章がそれなりに面白かったので期待して読み始めたんだけど……うーん、今一。
 白も緑も人材豊富とはお世辞にも云えないけど、青の章はそれに輪を掛けてキャラクターが没個性的なんだよなぁ。榊氏も石塚の苦悩を中心に男性キャラの色々な属性を引き出しつつ頑張っているのは分かるんだけど、苦戦は明らか。
 更にはそうしたキャラ同士の掛け合いでページを喰ってしまったせいなのか、ラストは思わせぶりな引きのみで終了。曲がりなりにも一段落して終わらせた白・緑に比べると矢張り読後のカタルシスに置いて一歩劣ってしまった……榊センセイの手腕は期待しているだけに、非常に残念だった(但し、間を空けずに続編、しかも榊版GPMが再開されるのであれば話は別だがw)
【総評】:まぁ、どっちにしろ最低最悪のアニメ版よりはマシだけどなw
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル書評 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。