生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 上巻の読了から大分時間が経ってしまったので、今週ちょっと気合を入れて読んでみた。
 特に面白かったのは下巻で、前半の信玄の判例集(というか、とんち話?)は生の戦国時代を感じ取れて面白かったし、後半は後半で武田勝頼の意外な粘りに驚かされた。
 また、武田信玄に関する俗説で、甲陽軍鑑由来と思っていたエピソードが意外と載ってなかったりするのにも吃驚。例えば、恵林寺の焼き討ちには言及されているのに有名な「心頭滅却すれば火もまた涼し」の台詞は無く、井伊直正の赤備えに関して言及した箇所はあるのに、家康が山県の赤備えを井伊に纏めて配下にさせたと云う話は無く、と云うかそもそも山県隊が赤備えと云う話も無く、如何に自分が「甲陽軍鑑」に対して偏見(甲陽軍鑑=講釈レベルのホラ話)を持っていたかを思い知らされた。今後はもう少し真剣に取り上げよう……勿論、腰原氏が軽快にぶった切った部分にそーゆー描写があったりしたら赤っ恥モノだけどw
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。