生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北風の軍師たち 2006.07.10.中央公論社、ハードカバー。著:中村彰彦。

粗筋──
 天保年間に起こった「三方領地替え」事件を背景に、領地替え推進派の川越忍者、反対派の幕臣佐藤藤佐や庄内の僧・文隣らの戦いを描いた長編歴史小説。

 「北風の軍師たち」のタイトルから予想される通り、群集劇(中村氏は「メリーゴーラウンド・スタイル」とやや時代がかった呼称を使っているが)歴史小説。
 従来庄内藩側から記述される事の多かった事件を、川越藩からの視点も交えながら描いた姿勢はなかなか面白かったが、川越藩の忍者が余りにも無能で、敵としての魅力も脅威も感じられないのは残念だった。実際庄内藩のワンサイドゲームだったわけだから、歴史小説としてはそんなもんなんだろうけど、どーせ忍者まで出しちゃったんだから、出来れば其処にもう一味加えて手に汗握るスリルも味あわせて欲しかった。
 結局、唯一のサプライズは佐藤藤佐の息子が佐藤泰然とゆーエピソードのみ……まー確かに意外だったけど、だからどーしたと云う気がしないでもない。実際、ストーリーには全く関係無いし(^^;

【総評】:矢張り中村氏は幕末会津作家でしかないのかなぁ。正直、お金を出して買う程の価値があるかどうかは微妙……小官は図書館で借りたからいいけどw
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。