生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブンダバー! 2007.02.25.桃園書房刊、TOENコミックス所収。作:吉田創

粗筋──
 大戦前夜の満州やロシアを舞台に、逝っちゃった天才軍人・三菱中尉、ホモ忍者・坂本、常識人で苦労の絶えない科学者・秋山の三馬鹿が珍騒動を繰り広げるミリタリー・コメディ短編集。

 ゲーム系アンソロジーで名を馳せた吉田創氏の初単行本。背表紙のモーゼルに惹かれて思わず購入してしまいました(^^;
 ちなみにタイトルは「wunderbar」と綴り、ドイツ語で「ワンダフル」の意味らしいです。

 アンソロジーでも一風変わった作品を掲載する事で有名だった氏の単行本らしく、オリジナルはオリジナルでも「ミリタリー・コメディ」と云う他では余り類を見ないジャンル。内容はシリアス風のものから冒険モノまで幅広く、試行錯誤の痕跡が見られますが、個人的には、「ハラショー!」が一番好きでした……ドリフターズの日本軍コントみたいでw(なんつー喩えだ)

 ただ、氏の作品の魅力は「原作の萌えキャラがこんなシュールな目に!」と云うところにあるので、オリジナルとなると面白味が半減するのも確か。個人的には、折角の萌えキャラであるメカ少女・ななをもっと活用してシュールかつ萌えなギャグを展開して欲しかったです。
【総評】:軽いノリの軍事モノが許せる人や、吉田ファンなら買って置いても良いかも。評価は☆☆★★★。
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。