生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は会社のサバゲに行って来ました。いつもの河川敷フィールドに集合したのですが、人出で使えなかったので更に2km程奥地に。

フィールド遠景1 フィールド遠景2
流石に此処まで来れば誰も来ないでしょう。

 ゲームの方は、人数が少ない事も合ってちょっとマッタリ気味で、合計6回程。某ホー○ウィ○グ仕込の早廻しに慣れた小官にはちと物足りませんでしたが、郷に入れば郷に従えと言う事で、仕事の愚痴や上司の悪口などを交換しながらまったり過ごして来ました。
 ただなぁ、マーカーだけは付けて欲しかったなぁorz 此処だけじゃなくて顔見知りのみでプレイする事の多い田舎のチームに共通する弊害なんだけど、敵味方の識別が難しくて困ります。挙句にそれで射撃を躊躇ったら敢闘精神の不足と見なされて「初心者に対する親切な指導」並に懇切丁寧に「敵が来たら遠慮しないで撃って良いんだよ」とか指導された日には、泣きたくなりますよ……いやはや全く、「フーハーハー、田舎は正に地獄だぜ(AA略」ですわい(あ、一人一人は凄く良い人なんですよ! 誤解の無いように申し添えて起きますが(^^;
<追記>
 あー、あと銃に対する興味感心が完全に実射性能に限定され、珍銃・奇銃を持って行っても反応が薄いのも少し寂しいかも……「雷槌買うべきか否か?」とか云っても分かって貰えなさそうだしなぁorz
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。