生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロリコンフェニックス 2007.02.01.角川書店刊、角川コミックスドラゴンJr.所収。
 作:松林悟。

粗筋──
 2006年度ベスト・オブ・少女を受賞した町田市立森金小学校五年三組渡部未亜ちゃんをロリコンどもの魔の手から守るべく、一人のニートが立ち上がった! その名も「ロリコンフェニックス」!! 今日も恐怖のBL(ブラック・ロリータ)団と熾烈な戦いを繰り広げる彼の将来はどっちだ……?!

 萌えを意識した表紙のせいで、なんだか近頃流行りのほんわか日常漫画と誤解されがちだが、その内容は粗筋でも紹介した通り、こんな(↓)

うわぁ!!! 生まれたままの姿になってますよーーー!!!
ロリコンフェニックス


 と云う変態が少女を守ってド変態と戦うナンセンスコメディだったりします。ノリとしては、帯に寄稿している古賀亮一センセの『ニニンがシノブ伝』の音速丸パートを思い浮かべると近いかも……まぁ、変態性は二割ほど増して、更にロリコンになってますがwww

 幸いweb角川第1話が公開されているので、興味を持たれた方は是非ご一読の程を。波長が合えば非常に面白いです。
【総評】:ロリでニート(志望)の小官としては、非常に面白かったです。評価は☆☆☆☆★。1欠の理由は、己の意志を枉げず自由気侭に生きるロリコンフェニックスさんが眩し過ぎたから……(^^;
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。