生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪魔のミカタ666 スコルピオン・オープニング 2007.02.25.メディアワークス刊、電撃文庫所収。
 著:うえお久光/イラスト:藤田香

粗筋──
 ザ・ワンを倒し、願いを叶えるのに必要な量の魂を手に入れたコウ。しかし、願いを叶える為には先ず「イブ」となる女性と交合し、新たなアイテムを生み出さねばならない。そして、コウは未だその事実に気付かず、己に生じた変化に戸惑うばかりであった……。

 まぁぶっちゃけて云うと、「コウが発情して下半身が大変なコトに!」ってだけなんですがw 後半シリーズの新展開の目玉に、いきなり主人公が発情しちゃうとは、流石はうえおセンセイです。

 それに従ってヒロイン達も「イブ」の座を巡って熾烈なラブコメ合戦を繰り広げるのですが、中でも光っていたのは真島綾でしょう。ベルゼブブに鋭い質問を浴びせたり、大胆な決断を下したり、素早くコウに接近したり、クレバーキャラとして大いに株を上げました……個人的には、ガツガツした感じがしてアレでしたが(^^;
 小官としては寧ろ、

「堂島コウ!」
「は、はい」
「この岩はあなたのことが好きです」
「……はい?」
「……………………あなたはこの岩が好きですか?」
「えっと、岩の事は良く分からないけど、その岩がハナちゃんを守ってくれるなら、うん、好きだな」
「そう、ですか」


とか、

「確かに、他の有象無象が見えてませんでした」

とか、

「セキヤだかなんだか知りませんが、これは真島の陰謀です」

 と、出番はやや少な目だけど、可愛らしい一面を露呈しまくっているイハナに惚れ直しました。これでサクラが帰って来たらどうなるかちょっと心配ではありますが、今後とも頑張って頂きたいものです。

カラー口絵のコミックスより
 しかし、口絵の「気になる女性」は……ジィ・ニーまで入ってる癖にアトリが入ってないのは一体どーゆーワケなのかw 本文中では、かなり良い位置に食い込んでいるのに……矢張り規制の壁は厚い? ストーリー的には妥当と認めるのに吝かじゃ有りませんが、SS的にはちょいと寂しいですな(TT
【総評】:シフト2やジャストボイルドでやや迷走の観の有ったうえおセンセが完全復活! これで後は刊行スピードさえ昔に戻ってくれたら、云う事は無いんですがねぇ<贅沢
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル書評 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。