生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界平和は一家団欒のあとに 2007.02.25.メディアワークス刊、電撃文庫所収。著:橋本和也/イラスト:さめだ小判

粗筋──
 魔術師とかヒーラーとか怪力とか殺し屋とか、凄い能力を持つ「正義の味方」一家の長男・軋人は、怪物に襲われた妹・美智乃のクラスメイト・柚島を助け、彼女を救うべく調査を行う。しかし、それは自分を救う為に世界の敵となろうとする妹・美智乃の策略の一環であった……果たして軋人は彼女の暴走を止められるのか?!

 第13回電撃小説大賞金賞受賞作。
 ぶっちゃけて云うと、正義の味方とされた主人公が、世界の危機よりも一家の団欒を優先しちゃうとゆーお話。

 プロットは手堅く纏まっており、事件の推移に問題は有りませんでした。テーマも「世界よりも家族!」と云う暴走し勝ちなモノながら、厨二病的展開(政府が悪い・学校が悪い・企業が悪い・社会が悪い・アメリカが悪い・人類が悪いetc...)は巧妙に避けてくれていたので、小官のようなおっちゃんオタでも抵抗無く読み進められました。
 一部に回想シーンと現代の事件が交互に現れたりする複雑な局面もあったのでヒヤリとしましたが、それなりに読み易かったですし(^^;

 ただ、メイン格のキャラクターが多過ぎて、お話の焦点がぼやけた印象が有ったのは残念でした。ヒロインがツンデレ柚島と妹の美智乃の二人になっていたり、ヒーローが軋人と刻人の二人になっていたり……松平・菅沼一族三代を対比させて描いた「風は山河より」風の入れ子構造でも狙ってるのかも知れませんが、ラノベの限られた紙数でそうした複雑な構造を組もうとしても無理が有るので、次回作ではちょっと落ち着いて頂きたいモノです。

 それにしても、見事なまでに「第一話」だなぁ。本来、投稿小説や漫画では「壮大な物語の第一章」的なお話は嫌われる筈なんですが、最近の電撃大賞は寧ろ積極的にそーゆープロローグ的な作品を拾ってきてる気がします。成功してるかどうかは別としてw
【総評】:世間的な評価は☆☆☆★★ってところですなー。妹親衛隊的には、健気な妹が二人も出て来たのでもう+1点ですが。今後は妹も巻き込んだラブコメな展開を期待したいです。
<追記1>
 あのー、軋人の能力が直死の魔眼っぽいんですがw

<追記2>
 コメで物言いが入ったので、抽象的な否定表現である「DQN展開」を具体的な表現である「中二病的展開」にしてみました。ここは政治的な議論をするblogじゃなくて、飽くまでラノベ感想blogですので。

 なお、wikiの記述から該当するのはこの辺ですかね。

・「大人は汚い」
・「サラリーマン→歯車」、「警察→権力の犬」、「学校→ダメ人間工場」などと呼ぶ。
・社会の勉強をある程度して歴史に詳しくなると「アメリカって汚いよな」と急に言い出す。


 まぁ、本当に言いたいのはアメリカ・政府・企業が正義か悪かじゃなくて、偶にはそういった手垢のついた「敵」以外も出して見せろよw って事です。名作・駄作の最初の篩は、この最初の固定観念を壊せるかどうかだと思います。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル書評 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
>DQN展開(政府が悪い・学校が悪い・企業が悪い・社会が悪い・アメリカが悪い・人類が悪いetc...)
まずは、DQN展開のレッテル貼る前に
政府、学校、企業、社会、アメリカ、人類がいかに素晴らしいか語って下さい
2008/04/07(月) 20:38:44 | URL | byプッ (#-) [ 編集]
えー、素晴らしくないですかね、アメリカ。小官は好きだなぁ。
まぁ、ここは思想的にあれこれ言うサイトじゃないので、レッテル貼り替えますね。

「DQN展開」→「厨二病的展開」

これでどないでしょ。
2008/04/07(月) 22:59:09 | URL | by軍曹 (#mQop/nM.) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
世界平和は一家団欒のあとに著者 橋本和也イラスト さめだ小判レーベル 電撃文庫 発想がいいね。 人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。 クリックありがとうございます。 あなた
2007/03/20(火) 18:51:32) | ライトノベルっていいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。