生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レイモンド01 2007.03.01.角川書店刊、角川ドラゴンブック所収。作:田丸浩史。

粗筋──
 未来から猫型ロボットならぬマリンコ型ロボットがやって来てアレコレ。

 内容の方は、正にドラえもんのパロディ以外の何者でも無いです。
 素っ飛んだEDの「マリアナ伝説」やカズフサの痛さが凄過ぎる「ラブやん」に比べるとややマイルドですが、歴史改編の結果史上最凶の殺人鬼と化した一休さんまで登場し、正にカオスな田丸ワールドは此処でも健在です。ファンにも、田丸初体験の人にもお勧め出来る一冊でしょう。

 また本編も然る事乍、併せて収録された田丸浩史の経歴を赤裸々に紹介した対談コラム「田丸汁誌」も非常に貴重で、小官のような中途入社ファンには堪えられない内容になっています。つーか、田丸センセまでながいけん閣下のファンでしたかw いきなり一コマばばーんとファーザーを登場させちゃった某漫画の作者もいますし、これはブーム再燃の兆しかッ!?

ジークナオン!
アニメ化も決まった某漫画

 まぁ、ブームは兎も角未収録分のキムタクは何とかして読んで見たいものです。
【総評】:評価は☆☆☆★★。もしタイトルが連載時のままであれば、☆+2で満点・殿堂(何処?)入り間違い無しだったのに……非常に残念です。
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。