生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超鋼女セーラ02 2007.03.01.ホビージャパン刊、HJ文庫所収。
 著:寺田とものり/イラスト:Ein

粗筋──
 前巻において超鋼機武闘大会の予選を突破し、晴れてセーラと結ばれた茸味。しかし、生徒会長でもあるセーラは激務に追われ、なかなか会う事が出来ない。寂しい茸味に、影ながら彼を慕うクラスメイト・千絵美の魔の手が迫る! ……なんて事は無く、茸味がサァラに誘拐されたのでセーラが助けに行ってちゃんちゃんばらばらでした。終わり。

 今回から女王の設定が前面に押し出されましたが、独特な設定(一歩間違えば、つーかギャグ要素──そう、例えば「女王」の外見とかw──が消えたら厨認定確実)なので、若い衆に受け入れられるか心配です。まぁ、小官が心配しても仕方ないっちゃーしかたないんで、内容の紹介へ。

 内容の方は相変わらずラブロマンス度が高く、会えないのに背伸びをしてクールに振舞っちゃうセーラとか、携帯電話で最初に掛ける相手は茸味! と拘るセーラとか、王道ながらホントかわいいです。
 ただ、肝心の恋のライバル・千絵美弱過ぎて、ラブコメとしては今一でした。ラヴィニアやサァラが参戦してくれれば相当に面白くなるんですが、ラヴィニアは自制に富み、サァラは母親恋し型のバトルマシンなので、ちょっと見込みは薄そうですし。今後の展開に望む物が有るとすれば、その辺の手当てでしょうかねー。

 また今回はバトルはやや地味な気がしましたが、それは次回・本大会への溜めってことで。なに、こちらに関しては寺田閣下に引出しが沢山有るって分かってるんで、心配してませんてw
【総評】:挿絵も良いし、内容も奇を衒わず堅実です。果たして、HJにより引き立てられた寺田閣下は落日のHJ文庫の柱石たり得るのか? 次巻にも期待です。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。