生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2004.11.25.文芸春秋刊、ハードカバー。
 著:酒見賢一
 「三国志演義」に出て来る孔明とは一味違ったヘンな孔明が、周囲の人を振り回して大混乱を巻き起こしながら、最後には劉備に仕えるまでを描いた作品。


 孔明が兎に角ヘン。いや、孔明だけではなく、地の文にも平気で現代風のギャグ(一番酷いのなんか、「美味しんぼ」のパロディだぜw)が出て来る始末。著者の酒見賢一は、孔子の弟子顔回を主人公とした「陋巷にあり」で儒学の成立について非常に緻密な考察を加えた中国歴史小説界の若手第一人者として有名なだけに、この崩れっぷりは凄まじくインパクトが強い。いやー、良く此処まで作風を変えたなぁと感心してしまう程。
 無論文章が馬鹿だから内容も馬鹿と云うわけでは無く、三国志に対して非常に緻密な考察を加えており、三国志には相当詳しい小官も思わず唸らされてしまう意外な着想(孔明を主役にした小説が出櫨で終わる等と、一体誰が予測できようか?!)ばかり。正に宮城谷・田中・酒見と並んだ年末中国史小説合戦の中でも、「読んで面白い」と云う意味では一頭地を抜く完成度の一冊。
 総評:三国志マニアは必読。


<個人的感想>
 これだけ弄って、それでいて無理に黄氏を美人にしない辺りに非常に好感が持てました。
<追記>
 この記事は、旧「妹日記Ver.1.0001」より、
『弱虫泣き虫諸葛孔明 第弐部』書評作成の為再録しました。
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。