生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『夏のあらし!』
夏のあらし!01 2007.03.27.スクウェア・エニックス刊、ガンガンWINGコミックス所収。
 著:小林尽。

粗筋──
 夏休みを故郷に在る祖父の家で過ごす事になった中学生・八坂は、道中立ち寄った喫茶店で不思議なお姉さん・あらしと出会う。彼女に惹かれた八坂は、謎の男に絡まれたあらしを助けるが、その際電流が走り、八坂はあらしと共にタイムスリップする能力を身に付けてしまう……なんとあらしは60年前から来た「時を駆ける少女」だったのだ! 果たしてあらしは無事過去の世界に帰る事が出来るのか?!

 「スクールランブル」の小林氏が、本格的なストーリー漫画に挑んだ一冊。

 内容の方は、至って普通。普通の主人公が異界に紛れ込み、女の子と出会い、生まれ持った特殊な能力で事件を解決する……ってこのプロット、昨日「大久保町の決闘」で書いたばっかりやんw ああ、勿論「故に世には大久保町のみ有れば良い」等と回顧厨みたいな事を云う積りはありません。現にあらしには男装の麗人(なのか?)上賀茂もいるし、あらしとはまた違って儚げな雰囲気を持ったヒロイン・カヤもいるし、表現に関する技法──特にヒロイン関係w──は格段に向上しており、これはこれで読む価値の有る作品である事は間違い有りません。しかし、しかし小官は敢えて声を大にして云いたい!

「田舎には何もねぇーーーーー!!!!」


 都会人つーか都会で生計立ててる人は田舎を甘く見過ぎです。ノスタルジィ=不便と云う事が全然分かってない。
 そもそも田舎は親戚付き合い、会社付き合い、葬式付き合いが重苦しいほどに濃厚で、一旦其処に入り込んだら尋常一様の努力では抜け出せない地獄の泥沼なんです。日々の行動は細かく規定され、とてもとても冒険なんてする余地は無いです……田舎で自分探しをするより、東京でまだ行ってないスポットに行って自分の見識広げる方が100倍建設的ですよ!(以上、田舎を舞台にしたエロゲとかラノベを見る度に口を突いて出てくる田舎者の愚痴でしたw
【総評】:カヤと再会して急速に天満化するあらしに吹いたw シリアス展開も良いですが、こーゆーいつものノリも楽しみです。今後の展開に期待です。

■□■□■


「スクラン16」
 お嬢こえーーーw
お嬢様は見た

 まぁ、こーゆー終わらないラブコメはこれはこれでスクランの醍醐味ではあるんだけど、今回も外伝である「♭」が1/3強を占めたり、或いはGWで「あらし」を始めたりと作者の興味が他に移り気味なのも気になるところ。ドラゴンボールとかみたいにgdgdになる前に、何とか決着を付けて欲しいものです。
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。