生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幻影博覧会02 2007.03.24.幻冬社刊、バーズコミックス所収。
 作:冬目景。

粗筋──
 東京で女物の着物を纏った謎の男に依る連続殺人事件が勃発、探偵・松之宮遥と助手・高苑真夜は事件の捜査に乗り出す。一方、遙の友人である民俗学者・楳実は真夜の能力に興味を持ち、調査を開始する……。

 前回より微妙に表情の増えた真夜も然る事乍ら、あからさまなツンデレモガ・竹下の登場に期待が膨らみます。

竹下

 遂にラブコメ路線か!? とも思ったんですが、ラストで主人公の致命的なまでの鈍感さを見る限りそれは無いかw
【総評】:しかし二年で一冊かぁ……冬目ファンは大変だなぁorz
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。