生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いぬかみっ!13 2007.04.25.メディアワークス刊、電撃文庫所収。
 著:有沢まみず/イラスト:若月神無

粗筋──
 遂に四精霊を集め、儀式を開始した啓太達。仮名・赤道斎・大妖狐らが写真に封印されてしまうというアクシデントに見舞われながらも、儀式は続いて行く。そして儀式が終わろうと云う瞬間、なでしこが姿を表す……果たして、啓太達は彼女を止める事が出来るのか?!

 冒頭はいきなり「ごきょうやと仮名の葬式」でスタート。流石「完結編<上>」、シリアスな展開だなぁと思いきや、実は半ば独立した構造である「第一章 まずは宴からスタート」のオチだったりw 流石有沢、おかゆまさきと並ぶ「電撃の(ギャグの)双璧」と呼ばれるだけのことはありますな! 正直、08辺りのラストバトルみたいにガチムチバトルをやられたらやだなーと思っていたんですが、この調子なら大丈夫みたいです。

 キャラ的には、矢張りたゆねが一番贔屓されてるなーと。宴で散々もったいぶって「仲良くなりたいです」と頼んだり、風呂場で乳揉まれたり、その後啓太を問い詰めつつも「約束、いいですね?」と和解したり、すっかりツンデレキャラになってます。下手すりゃようこよりも出番が多いんじゃないか?! きっと読者からの人気も高いから、こう云う扱いなんだろうなぁ……願わくば、デビュー作「魔王始めました」でセグンダディと云う余りに魅力的なツンデレライバルを生み出してしまった為に以後の「バトルモラトリアム」「ぼくたちには野菜が足りない」でツンデレキャラに拘り過ぎて自滅してしまった淺沼広太の二の舞にならなきゃいーんですが。
【総評】:どーでもいいけど、赤道が赤道に変わってた。てっきり、何か意味があるんだとばかり思って、IMEが気を効かせて「斎」って表示する度に「斉」に打ち直してたのに……まぁ、本当にどーでもいいんですけどね。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
いぬかみっ! 13 完結編 上 ~hop step dash~著者 有沢まみずイラスト 若月神無レーベル 電撃文庫 引っ張るなぁ~。 人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。 クリック
2007/05/05(土) 09:25:51) | ライトノベルっていいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。