生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
舞-乙HiME iF 2007.04.02.学研刊、メガミ文庫所収。
 著:威成一/イラスト:kyo

粗筋──
 隕石の迎撃に向かったアリカは、隕石の破片に衝突して意識を失う。目が覚めると、そこは何とガルデローベではなく風華学園だった……アリカが舞HiMEの世界に迷い込む「ユメノ☆ヨリミチ」。
 エルスが森で怪物に遭遇する「森の黒き怨念」。
 ハルカ&ユキノが入れ替わる「トランジック・トランスファー」。
 ナツキが一般学生に紛れ込み、シホにいびられる「学園長最厄の日」。
 ガルデローベに潜入したミドリが、何故か戦隊を組織してしまう羽目になる「オトメ戦隊結成記念日?」。
 江戸時代の日本を舞台に、お城を抜け出した舞衣姫とミコトの活躍(?)を描いた「奇伝 蕎麦街道猫騒動」。
 以上七つの作品を収録した短編集。

 目も潰れそうなまっピンクの地に「妄想するって、とっても素敵な事ですね」と白抜きされた非常にイタタタな帯を筆頭に、その下の宣伝文句から裏の粗筋説明、果てはプロローグまで只管「妄想」と云う文字が乱舞する痛過ぎる装丁のお陰で、相当恥ずかしい内容の外伝小説なのかなーと思いきや、意外にもファンサイトのSSと変わらない程度の短編集でした。いやはや、イラストも表紙とカラー口絵が一緒と云う近来希に見るショボさだったので、どれほど痛い作品かと邪な期待すら抱きつつ読み始めたのですが、案外普通の話しばかりで残念でしたファンとして一安心でした。

 個人的には、矢張りナツキが嬲られる「学園長最厄の日」が一番楽しかったです。ケーキ対決再びと云うかなんと云うか。そして矢張りナツキは最高の弄られキャラだと思いましたw
【総評】:評価は☆☆★★★。ファンならまぁ、買って置いても悪くはないかも?
 なお、イラストレーターの為に弁護しておくと、hpのイラストは上手です。ホントなんで挿絵の方はこんなにショボいんだろう……。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。