生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
課長バカ一代 THE NOVEL 2007.05.17.講談社刊、KCノベルス所収。
 著:ベンジャミン野口/イラスト:野中英次。

粗筋──
 大手家電メーカーに勤める課長補佐代理心得・八神が巻き起こす事件を描く。

 原作は、野中英次による同名の漫画「課長バカ一代」で、サラリーマン漫画のパロディだった同作に比べると、本作はやや一般向けの内容、クロ高とか課長バカ一代・子供用に近い内容となっているような気がしないでも無い。ボブも沢山出てるし。
 しかし、プロットの組立て方や台詞の選び方は正に野中節。新幹線の中での会話では八神のボケはいよいよ冴え渡り、前田の突っ込みも鋭さを増して行き、切れの良い若手芸人のコントを見ているかのような笑いが込み上げてくる。と云うかこれコントの台本だよ。まぁ、面白いからいいですけど。

 作者のベンジャミン野口と云う人物は検索しても全く経歴が見当たらず、一体全体何処の馬の骨かと思っていたが、これなら課長バカ一代のノベライズを手掛けても全く違和感が無い……コレ本当は漫画が面倒臭くなったのなー本人が別PNで書いてるんじゃないの? 「あー漫画なんてかったりーなー。思った事を全部ぱぱっと表現出来ないかなー」とか云ってw いやまぁ、どっちにせよ面白いので文句は無いですが(結局其処に落ち着くのかw
【総評】:原作のファンは是非ご一読を。懐かしさに目頭が熱くなる事受け合いです。勿論小官もファンなので評価は☆☆☆☆☆。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル書評 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
のだめカンタービレは、登場人物も少なくなってきた分、以前より人物にフォーカス当ててきてるなと思いました。千秋と千秋パパの葛藤、のだめは、自分の音楽と千秋との関係等気になるところです。ところで、気になったレビューがあったので、コメントのだめカンタービレは、
2007/09/26(水) 10:46:41) | なごみのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。