生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぴくせる☆まりたん(小説版) 2007.07.01.ホビージャパン刊、HJ文庫所収。
 著:L.B.ジョンソン/イラスト:ヒライユキオ

粗筋──
 主人公・九条護は、ちょっとだらけた雰囲気のヨット部の暮らしを満喫する普通の高校生。しかし、その平和なヨット部の日常は、突如現れた特別コーチ・まりたんの手によって粉砕される。

「マスかきやめ! パンツあげ!」

 マリンコ仕込の厳しい訓練を課され、へとへとになる九条達。果たしてヨット部改め“海兵隊”部の運命や如何に?!

 似たような話をふもっふで見たような気がするが気にしないよーにw

 原作は、ミリタリートイ系雑誌「アームズマガジン」に掲載されている同名のコミックス公式サイト。元の作品は映画「フルメタル・ジャケット」のハートマン軍曹の罵詈雑言に代表される海兵隊用語を紹介する漫画なのだが、小説版は学園を舞台にしたナンセンスラブコメディに改編されて居る。

 ストーリーは、至ってシンプルなボーイミーツガール。魔法の世界から修行に来たまりたんが主人公に出会って恋に落ち、ツンツンデレデレしながら日本の危機を救っちゃうとゆーお話。ちなみに原作との最も大きな変更点は、九条護と言う主人公キャラの存在で、彼を巡ってねいびーさんに嫉妬したり、水着を選んでもらったりするイベントには、原作ファンの間でも議論が別れそう……小官としては、九条は特徴の無いプレーンなキャラで感情移入し易く、まりたんのラノベ化には必要欠くべからざる人物に思えますが。

 ……とまぁ、こう書いていると真っ当なラノベのような気がして来るから不思議だw
 しかし実際には、ファックファックとハートマン語録を連呼したり、矢鱈ヒステリックで「隣国」に頭の低い朝比奈先生が叫び捲くったり、挙句「隣国」の工作員が乗り込んで来たりと結構ヤバめのネタも多数。軍靴の足音を気にしない人だけお読み下さい。
【総評】:真逆コレがラノベになる日が来るとは思わなかったw 内容に対する賛否は別として、原作ファンは買って置いても良いかも。評価はご祝儀相場の☆☆☆☆☆。
<追記>
 「ラノベ365日」様よりトラバが来て、意外と読んでる人が多い事に吃驚。みんな暇だなぁ(ぉ
 あと、原作を知らない人も意外と多い事ように感じられたので、下にリンクを貼って置く。大体こんな感じです。

『まりたん集中ドリル かいへい1ねんせいよう』
『まりたん集中ドリル かいへい2ねんせいよう』
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
魔法の海兵隊員 ぴくせる☆まりたんL.B.ジョンソン ヒライユキオ ホビージャパン 2007-06-30by G-Tools 【九条護の所属するヨット部にやってきた新コーチは、魔法の海兵隊隊員『ぴくせるまりたん』だった。この日から誇り高き海兵隊になるための試練の日々が始まる。生涯忠
2007/07/19(木) 01:37:03) | ラノベ365日
ラブコメディラブコメディは、アニメ、映画、テレビドラマ、漫画などの創作作品のジャンルの一つで、恋愛を主題にした物の内、ギャグ描写を多く含みコメディ要素の強いものを言う。略称はラブコメ。恋愛と笑いという人にとって重要な感情要素を含んでいるため人気の高いジャ
2007/07/25(水) 10:29:41) | このマンガが読みたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。