生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラブゆう03 2007.06.30.集英社刊、集英社スーパーダッシュ文庫。
 著:七月隆文/イラスト:みけおう

粗筋──
 前巻のラストに登場したFF風召喚士「ナギサ」。彼女は主人公・神田俊を「お兄ちゃん」と慕った挙句、一緒に学校に行こうと誘う。これを見たロザリーも俊と学校に行こうと勉強を始めるが……ロザリーの猛勉強ぶりをコミカルに描いた「ロザリーのお受験」、ロザリーの学園生活を描いた「ロザリーの入学」、そしてロザリーvsナギサのガチバトルを描いた前後編を収録。

 前半は、何時もの通りのおバカなラブコメでした。
 今回は遂にかしこさ40の姫勇者、ツンデレ、お姉ちゃんに加え、妹キャラが参戦。俊争奪戦はいよいよ激化し、新たな強敵に立ち向かう為に旧三キャラが連合して立ち向かうなんてパターンも……特にツンデレさんこと冷泉院撫子の活躍(俊の家に乗り込んだり、蹴りをかましたり、ツンデレ喫茶で働いたり(ぉ))が目立って良かったですw
 一方で、お姉ちゃんの「俊ちゃんがニートに」妄想が一回しか炸裂しなかったのはちょっと寂しかったですが、どうも今回はバトルストーリーの比重が高く、ラブコメはちょっと控え目気味だったので仕方がありませんな。

 後半からは、やや硬めのバトルが展開。更にラストでは俊と同じ能力を持った空想具現化能力者の組織「無窮の財産享受者」(ご丁寧にそれっぽい英語のルビまで振ってあるwww)なんて団体まで出て来て、中二病的展開波乱の予感……小官としては、凡百のラノベみたいな派手なバトルよりも、七月センセイ独特の、お約束をやりつつ微妙な所で外してギャグで落とし、最後にやっぱりいい話をして終わりと云う従来の「ラブゆう」のノリが好きだったので、微妙な心持ですが。
【総評】:まぁ、次回は正式に仲間に加わったナギサをキーマンとしてラブコメ方面で新展開が見られる事でしょう。オタク・ブースター切り離しは五巻くらいでしょうから、まだ若干の余裕が有る筈。多分。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル書評 - ジャンル:本・雑誌



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。