生きてるだけで精一杯。
SS戦闘記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 うひー、また飲み会ですよ。今月は毎週飲み会でヘトヘトです。ホント、好きな人だけで行って欲しいです。

 さて、今日はちょっと趣向を変えて日本史のお話です。
 戊辰戦争で旧幕府軍贔屓の人が非難する官軍側の「罪」の一つに「西軍は戦死した会津藩士の死体を野晒にして腐るに任せた」と言うのが有ります。

薩長軍(新政府軍)は会津戦争の戦死者を「賊徒」として埋葬を許さず、このために長期間に渡って放置された死体は風雨に晒され、鳥獣に食い散らかされる悲惨な状況だったと言われている。見かねた近所の村長が戦死者を埋葬したため、薩長軍に村長職を解かれた事もあった(飯盛山に彼を顕彰する碑が立てられている)。実際には疫病の要因になるという理由からようやく死体の処理が許されたのであった。wikipedia「会津戦争」より)

 実のところ、根拠となる公文書も無いままに独り歩きしている、いわば都市伝説みたいな俗説なんですが、「戦前の政府の所業は全て悪」と言う一時期の風潮と相俟って、意外と根強く信じられております。
 さて、その真相は如何に……と言う野心的なエントリーが、「日本史探偵団」掲載されました。その名も「なぜ遺体は埋葬されなかったのか」。果たして長い間論争され続けて来た歴史のミステリーに決着が付くのか? 早速読んで行きたいと思います……って今日は流石に無理なので、来週のサバゲ明けくらいに読みます。うえっぷ。
スポンサーサイト


コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
「軍曹殿!」はじめまして、myブログに御興味を頂いてありがとうございます。
正直なところ御ブログは怖い感じがします。(笑い)今度非番のときに、我が探偵事務所に、ごゆっくりあそびにきてください。その銃を置いて(!汗!)
2008/02/03(日) 22:44:34 | URL | by史実探偵: 平 素人 (#REg8E5U2) [ 編集]
初めまして、平様。
残念ながら私は古代史は専門外なのでよく分かりませんが、お探しの物が見つかると良いですね。
御成功をお祈り申し上げます。
2008/02/06(水) 00:09:35 | URL | by軍曹 (#mQop/nM.) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。